MYおすすめリンク!!

2008年06月22日

チャートの活用について

正直チャートは奥が深い

深すぎる

未だにわからない所が多々ある

チャートというのは、為替の動きを色々データー化してくれる機能の事です!!
よく本のタイトルでも「テクニカルチャートを見れば勝てる」みたいな本がでていますが、理解するのめんどくさいし、たくさんありすぎて、
逆に迷ってしまう

50種類以上あります

ま〜定番チャート分析は。。。

移動平均線(ある期間の平均レートを線にしてある)5日、25日、75日の三本ある

一目均衡表(5本のラインと雲(抵抗帯)で描かれている)
1、基準線(過去26日間の最高値と最安値の平均レートを結んだ線)
2、転換線 過去9日間の最高値と最安値の平均レートを結んだ線
3、先行スパン1 基準線と転換線の平均レートを26日先に記入した線
4、先行スパン2 過去52日間の最高値と最安値の平均レートを26日先に記入した線
5、遅行スパン 当日の終値を26日前に記入した線
6、雲 2と3の間を指す。

パラボリック

ボリジャーバンド

RSI

NACD

などがあります。

しかし自分的には、移動平均線5日の線と25日の線と一目均衡表だけでも十分勝っていけると思っています!!

移動平均線だけでも勝てると思います!!

5分足、時足 日足 週足を見て判断する!!(平均線にレートが触れて下がるか、抜けるか)

自分は収支表をつけていますのでチャート分析に頼らなくても、自分の気になることは、データーに残していますので、自分の力で分析し考えてやっています!

やはり大事なのは自分のスタイルを自分で見つけることが大切だと思っています!
色々なチャート分析に惑わされ、頭がパンクして、思わぬ所で注文を出し負けてしまう知り合いを何人も見てきました!!
上がる情報の下がる情報の両方あるなかで、自分のスタイルに合った情報を参考にすることが大切なことです!!



 





posted by 荒木 at 09:11| Comment(0) | TrackBack(0) | チャートの活用法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。